ついに判明した病気!?【大腸がん(直腸がん)闘病記5】

0020

2013年の3月~5月の2ヶ月は
孤独と不安と葛藤が激しく入り乱れた、精神状態が最悪の2ヶ月でした。

ふいに来たチャンスだったのに…

■2013年3月26日■ N医院

排便後の違和感は、ひょっとしてガンかもしれないと
不安に感じていた矢先の事でした。

 
河川敷で犬の散歩中に考え事していて何かにつまづき
正面から倒れて胸を強打してしまいました。

寝返りも出来ないくらいの痛さにヒビが入ったのかもしれないと思い
翌日、近所のN医院に行く事に。

 

このN医院のN先生は、お腹が苦しくて診察に来た母の様子が
おかしいと感じて大きい病院への招待状を書いてくれた先生。

 

母のお礼も伝えたいというのもあってN医院で
レントゲンを撮ってもらいましたが、どうやらヒビは入ってないとの事。

 

安心ついでに、恐る恐るそれとなく体の違和感の事を先生に話しました。

先生は、聞いただけではわからないので指診しましょうと言ってくれたのですが
胸の痛みのせいで指診できる体勢が厳しいので断ってしまいました。

 

するとN先生は、同じ地元の消化器系専門のK内科クリニック
内視鏡検査の評判がいいから行ってみたらと助言。

 
わかりましたと返事したものの
やはり怖くてK内科クリニックに行く気にならず。

 

でも無理してでも指診しておけばよかったと
後で後悔する事になってしまいます…

 

スポンサーリンク

社長からのメール

排便後の違和感は、悪化し続け長ければ1時間も続くようになっていました。

辛くて苦しくてもんどり打ってる時は、絶対に医者に行こうと思うのに
それが治まると

ガンだったらどうしよう…

余命宣告されたらどうしよう…

そう思って中々行動できず、毎日イライラしてました。

 

大の大人が情けないです。

 

そして、そんな状態が2ヶ月続き5月に入った頃、社長からメールが来ました。

『色々と、お疲れ様。

 四十五日も終わって落ち着いたと思うのでメールしました。

 不謹慎かもしれないけどお母さんが亡くなられて

 無理にそっちにいる必要も無いと思うので戻っておいで。

 仕事があれば別だけど、無ければ考えといて。

 今すぐでなくても何ヶ月後でも構わないから待ってるよ』

 
ありがたかったです…

 

正直な話、母が保険に入っていなかったので
葬儀代や入院費で結構な金額を使ってしまいました。

 
さらに、毎月仕送りしていたにも関わらず
保険料や、固定資産税、水道料金等を何年も支払っておらず
ビックリする金額を取られてしまいました。

 
仕送りのお金は、一体何に使っていたんじゃ~!!!って、
流石に一瞬、母を恨みましたが
自分ら子供達が小さい時は超貧乏で母が相当苦労してたのを思い出し

 

ま、しょうがないか…

と、忘れる事にしました。

 

そんな事があって頑張って貯金したお金は、ほぼ使いはたしてました。

なので、また仕事に復帰させてもらえるのは、大変ありがたい。

 

しかし、社長のメールは、うれしい反面
今の自分の病名を一日も早くハッキリさせる必要がありました。

 

さらに仕事を探す様子もなく引きこもってばかりいる私に
実家の姉も呆れ返っていたし
もう、これ以上周りの人に迷惑をかけるわけにはいかない。

私は2人の姉に今の自分の事を全て話しました。

 

すごく怒られた~

 

何で早く言わないんだ~!!!って
もし、ガンだったら私達も一緒に闘うよ~って

家族ってやっぱりいいもんですね(泣

ストレス性胃腸炎?

■2013年5月9日■ K内科クリニック

ついに決心して、K内科クリニックに行きました。

 

出て来たのは、かなりのお爺ちゃん先生。

一抹の不安を感じつつ、今までの経緯や症状を事細かく説明。

 
すると採血された後、看護婦さんから検便キットの説明。

指診される事もなく診察は終了。

 

そして、

多分『ストレス性胃腸炎』でしょう

と言われました。

 
ちょっと待て~い!!

この爺さん、ろくに検査もしないで診断しやがった。

しかも、多分て何じゃい!!

 

さらに、胃カメラ撮るから今日予約をして下さい、と言われた。

私「え?大腸内視鏡検査じゃないんすか?」

爺「ストレス性胃腸炎の検査は胃カメラですね」

この爺さん、人の話ちゃんと聞いていたんかなあ?

でもN先生が勧めた医者だしな…

 
胃炎…!?

そんな事家族に言えん!!なんつって…

私「仕事がいつ休めそうか今わからないので
  次回検便持って来た時に予約します」

そう言って取り敢えず保留。

 

処方箋を貰いに薬局へ行くと

「症状は胃が痛むとか苦しいとかですか?」

そう聞かれた私は、否定して
先生に説明した事をかいつまんでざっくりと話すと

「え?あ、そうなんですか…」と、首をかしげてる。

その反応を見て

『やっぱり、おかしいと思ってるのは自分だけじゃない』

そう思った私に、この後さらなる痛みと苦しみが襲う事に…

 
※診察料金+処方箋=約3.000円(ファモスタジンD錠/ブスコパン錠)

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました