ペヤング「激辛やきそばEND」を食べてみました


ペヤング 激辛やきそばEND

 
辛い系好きの私も、恐らくギブアップの可能性が大の
やきそばが発売されました。

私の舌は、ごく一般的な辛い系が苦手な方が
ヒーヒー言いながらも何とか食べれるレベルの物を
ピリ辛な感じで美味しく食べれますよ~みたいな程度です。

なので、ちまたで激辛と呼ばれている食べ物は
キツイ事が多いです。

 
インスタント麺での激辛は割と平気な物が多いのですが
ペヤングシリーズでの激辛はホントに辛くて苦手です。

なので、ティッシュと麦茶を多めに用意して挑戦します。

 
発売日:2018年8月27日

メーカー希望小売価格:185円(税別)

内容量:119g

 

激辛やきそばENDのメーカーPR文

 
 『ペヤング史上最強の激辛!体中が熱く燃え上がる一品!』

 
引用:まるか食品HP

 

スポンサーリンク

 

原材料


 

開封


中身

 


かやく(キャベツ、味付け鶏ひき肉)

 


恐怖の激辛ソース

 

実食



見た目や匂いは特に激辛っぽさは特に感じません。

 

できあがり~

 

マグカップに麦茶を注いで用意

では、いただきます~

 
一口入れた瞬間からものすごい辛さが…

想像していた以上の辛さです。

 
普段は全部食べてから最後に飲み物を飲むのですが
二口食べたところで、麦茶をゴクゴク。

 
口の中が痛い…

しばらくすると、汗と涙と鼻水が一気に出てきました。

 
麺が熱いままだと刺激が倍増するので
冷ましてから実食を再開。

それでも二口三口で、口の中が激痛です。

 
そして、麦茶を飲み痛さが収まるのを待ってから
食べてと…を繰り返す事30分。

何とか、ギブアップする事なく完食する事ができましたが
もう無理です。

2度と食べません。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました