内視鏡で見た自分の腸内【大腸がん(直腸がん)闘病記9】

CT撮影

■2013年5月21日 がんセンター■

初診から4日後、今度はCTの撮影です。

テレビとかで見た事がある
頭の方に巨大なドーナツ型の機械が付いてるベッドがありました。

バンザイ状態で横になり
十秒ほど息を止めてる間にドーナツが体を通過。

この時に撮影しているみたいですが、
若干被ばくするとの事です。

 
そして2回目の撮影。

今度は手の甲から造影剤を注射すると
一瞬で体全体に何かが入ってきたのがわかりました。

 
造影剤で具合が悪くなる人がいるらしいので
撮影後は、廊下でしばらく待機。

何も無い事が確認できたら終了です。

 
この検査は全然楽だったけど
同じ時間にCT撮影した御年配の男性は
具合が悪くなってどこかに連れて行かれました。

 
※会計 約9000円

 

スポンサーリンク

大腸内視鏡検査

■2013年5月23日 がんセンター■

ついに大腸内視鏡検査です。

正直、この検査は怖かった…

指での診察だって嫌だったのに、
あんなに長いケーブルが入ってくるなんて
想像しただけでガクブル。

 
前々日(CT撮影した日)の夜から食事制限。
(大した制限ではないですが)

そして前日の21時以降からは食事は完全に禁止。

寝る前にアローゼンという薬を飲んで就寝。

 
当日の朝7時にラキソベロンという薬を飲み
8時頃からムーベンという粉末を2リットルの
水に溶かして2時間位かけて全部飲みます。

 
これが辛い~!!

 
わかりやすく言えば食塩水みたいな味、というのが近いかな。

これを2時間で飲みきるのは拷問に近い…

 
バリウムも辛いらしいけど
飲んだ事がないのでどっちが辛いのかわかりませんが…。

 
ムーベン飲んでる途中から便が出てきますが
最後の方は無色透明な水が出てくるのは感動です。

ああ~今の自分は身も心も綺麗なんだ~

あ、心は関係ないか…

 
検査前に、肛門部分に穴が開いた検査パンツと検査着に着替えて待機。

しばらくして呼ばれ、いよいよ検査。

恐怖で心臓がバクバクです。

 

ベッドに横になると腸の動きを止める薬を注射され
肛門に麻酔入のゼリーを塗られます。

先生が手にしている内視鏡を見てビビリはMAXです!!

 
そして挿入。

うぎゃ!!

技師「力入れないで!!入らないよ!!」

怒られました…

 
痛くはないんだけど、あんな長い物が入ってくと思うと
つい、リキんでしまいます(泣

けど一度入ってしまうと、もうなんて事ない。

 
そして、直腸に入っていきなりの事でした…

 

目の前のモニターに写っていたのは
直腸を半分以上塞いでいる大きな腫瘍でした。

 

それは自分の想像以上の大きさでした。

 

技師「あ~これは大きいね」

と、内視鏡技師の先生がポツリ。

私はモニターをガン見しながら絶句中…

カメラが曲がり角に突き当たる度に
チクリとした感覚がお腹の中からありました。

何よりも苦しかったのは腸内を見やすくするために
空気を送るのですが、その度にお腹が張るのが
辛かったです。

 
他にポリープらしき物は見当たりません。

そしてカメラが再び腫瘍の所に戻って来ると
腫瘍の一部を採取して検査は終了です。

 
急いでトイレに駆け込むと空気は出ませんでしたが
真っ赤な水便が出てびっくり!!

それは、腫瘍を切った時に出血した血でした。

 
その後がんばっても空気が出ないので
お腹が張ったまま会計してから
トイレに籠城です。

車は運転しないように言われてたので
電車で来たのですが、こんなにお腹が張っていたら
絶対に電車に乗れない。

トイレで籠城してた時がこの日イチ辛かった…。

じっとしていても、何してもお腹が苦しい。

苦しさにうめいてましたが、しばらくすると…

 
ブウ~

 
すっごく大きな音と共に空気が大量にお尻から出てきました。

それと同時に何とも言えないお腹の清々しさが…。

 
ようやく電車に乗る事が出来ましたが
モニター越しに見た大きな腫瘍が頭から離れる事は無く
更なる不安に襲われた日でした。

 
会計 約15,000円

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました