強烈な腹痛【大腸がん(直腸がん)闘病記13】

最悪のシナリオ

N医院で出してもらったアミティーザという便秘薬を飲んだ夜に
腹部に強烈な痛みと今まで以上の排便を促す感覚が来ました。

 
来た!!これで、ようやく楽になる!

そう思いトイレに駆け込んだのですが…

 
出ません…

 
どんなにがんばって力んでも…全く出ません。

 
必死でした。

今までに無い位痛いし苦しい。

早く楽になりたい。

そう思い何度も何度も何度も目一杯力みました。

 
それでも出ないのです…

 
そうこうしているうちに下腹部の痛みが和らいできたので
諦めてトイレから出ましたが目眩と疲れでフラフラでした。

次は大丈夫、今度こそは出る。

 
でも出なかったらどうしよう…

 
そう思っていたら10分後くらいに、再び強烈な腹痛が来ました。

トイレに入るも、またしても便は出ません…

 
腹痛が収まり部屋に戻ります。

しかし今度は5分位で強烈な腹痛が来ました。

でも便は出ませんでした…

 
私の頭の中で最悪のシナリオが出来上がりました。

 
もしかして、一晩中この繰り返しなのか…

いや、医者からもらった薬を飲んだのだから
絶対にそのうち出るはず。

そう信じるしかありませんでした。

 
が、期待は裏切られ結局翌日まで便が出る事はなく
5~15分間隔での強烈な痛みの繰り返しで一睡もできませんでした。

朝方には体が衰弱しきっていて、歩くのもやっとで
トイレに行くのも困難な状態でした。

 
こんな地獄のような苦しみから逃れられるなら
ガンで死んだほうがまし。

 
というか、今死にたい…

 
そう思うくらい精神的身体的に限界になっていたと思います。

 
結局、N医院の診察開始時間まで我慢して
フラフラになりながら行きました。

 

スポンサーリンク

再びN医院へ

先生は薬を飲んでも出ない事にびっくりしていて
直ぐに浣腸をしてくれました。

浣腸は初めてですが、
どんな事をするのか事前にネットで情報を得てました。

薬を注入後すぐにトイレへ…

出来るだけ我慢するように言われてましたが
便座に座ると同時に大放出でした。

 
浣腸ってすごい!!

 
一通り出た後、会計を待っている間に…

お腹がギュルギュル~!!

またトイレです。

 
そしてN医院を出て家に帰る途中で…

ギュルギュル~!!

 

思いっきり漏らしてしまいました(泣

浣腸、凄いけどギュルギュルってきたら制御不能です。

 
でも、便が出て腹痛も綺麗サッパリ消えたので
食事もしないで夜まで爆睡しました。

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました