手術に向けての入院【大腸がん(直腸がん)闘病記16】

抗ガン剤治療完全終了~

3回目のエルプラットの点滴も終わり
後は2週間毎日TS-1を飲んで抗がん剤治療は終了です。

エルプラットの副作用は、やはりというか3回目は
流石に半端なくて、10日以上はまともに左腕が使えませんでした。

抹消神経障害にも耐え、3週間が経ち
ようやく2ヶ月に渡る辛く苦しかった抗がん剤治療が終わりました。

そして、あれほど辛かった排便後の苦痛も
全く無くなっていました。


あとは、腫瘍が小さくなっていれば手術して終了~

と、この時は簡単に思っていたのですが…

■2013年8月15日 がんセンター(CT検査)■

2回目のCT検査は、特に何事もなく終了。


※診療料金約15,000円

スポンサーリンク

入院初日

■2013年8月16日 がんセンター入院■

ついに手術のための入院を迎える事になりました。

未だに注射が苦手で採血や点滴の時に見ることが出来ない私が
4日後に手術だなんて信じられません。


正直言ってものすごく恐い…

4人部屋の病室での準備が終わった後
家族と一緒に、手術についての話を先生から聞きます。

そこで、とんでもない話が出てきました。


先生「検査が終わっていないので腫瘍がどんな状態なのか今は
 まだわかりませんが腫瘍が小さくなっていなければ
 永久人工肛門の手術も同時にする事になります」

人工肛門…絶対に嫌だ…

先生「ただ、腫瘍が小さくなっていた場合でも
 腫瘍摘出のために切除した直腸が完全にくっつくには
 3ヶ月ほど必要なので、その間は仮の人工肛門になります」

い、今何と…

先生「たった3ヶ月の我慢です。
 3ヶ月後にはちゃんと自然肛門に戻りますよ」


き、聞いてないよ~

どっちにしても人工肛門じゃないか~!!


そして、3ヶ月後にまた手術…

頭がクラクラしてきた…


実はですね
排便後の苦しみが全く無くなったので
多分抗ガン剤が効いて腫瘍が小さくなったんじゃないかと
思っていたのです。

なので、手術したら終了~の期待が大きかったのです。


一気に落ち込みました。


そして入院初日は、注腸造影検査をして終わったのでした。